昨今は六本木で不妊治療を受けるカップルが増え続けています

ハート

1人目の帝王切開のあとの2人目不妊について

1人目はすぐに妊娠できたのに、2人目がなかなか妊娠できない。もしそんなお悩みのある六本木の方で1人目を帝王切開で出産された方の場合、その帝王切開後の傷が2人目不妊の原因になっているかもしれません。通常であれば帝王切開後の傷がきれいに治って、その後もまた自然妊娠できるケースが多いのですが、中にはその傷の治りが不完全で、子宮内のその傷の部分に凹みができてしまう場合があるのです。
これは「帝王切開瘢痕症候群」と呼ばれるもので、その凹みに血液がたまり、それが原因で精子の動きが妨げられて妊娠しにくい状態になってしまいます。帝王切開瘢痕症候群の方の症状としては、生理が終わったあともだらだらとわずかな出血が続く、またはおりものの色がコーヒー色(褐色)である、というのが特徴的です。これは凹みに溜まった血液が外へ流れ出るためです。また生理痛が強くなるという症状がでることもあるようです。このような症状に思い当たる方はすぐに六本木で受診しましょう。
帝王切開瘢痕症候群の場合、自然妊娠はなかなか難しく不妊治療が必要な場合があります。具体的な六本木での不妊治療としては、凹みに溜まった血液を洗い流した後人工授精をする方法があります。また現在では腹腔鏡による手術などで傷口を修復する不妊治療法もあるようです。

LATEST RECENT

TOP